お問い合わせ


鉛電池との違いについて

鉛電池とリチウムイオンポリマー電池の違い

鉛電池は100年以上前から使われており現在でも使われておりますが、リチウムイオンポリマー電池と比較すると、容積が大きく重いことや、使用回数が少なく充電時間が長いという形となっています。

単体で鉛電池とリチウムイオンポリマー電池を価格比較しますと鉛電池は安価となりますが、耐久性を考えると長い目でみてリチウムイオンポリマー電池の方が安価となります。また、充電時間やメモリー効果・重量・大きさを考えるとリチウムイオンポリマー電池が圧倒的に使いやすい蓄電機となります。

※耐久性(使用回数)は、使用頻度や使用環境により異なります。